一語一絵

お彼岸は終われど。
2014年10月10日
ふと気がつくともう何ヶ月もお墓参りをしていない。 実家のお仏壇はだいたい毎週拝んでいるけれど、 お墓にも行かなくちゃ。 お墓は先祖が眠っているだけではなく、 先祖にお礼を伝えに行く場所。...


夜空に想う。
2014年10月09日
誰かにとっては平凡な一日だったかもしれない。 誰かにとっては争いで命をかけた一日だったかもしれない。 誰かにとっては人生最高の一日だったかもしれない。 今日という一日は存在する人の数だけ光を放つ。...


カラフル。
2014年10月08日
カラフルが好き。 カラフルであればあるほど、賛否を分けるものになるかもしれない。 派手すぎる表現は時と場所を選ぶこともあるだろう。 だけど、決して忘れられることのない印象がそこにはあると思う。 人間としてもカラフルでありたいのです。...


振り向かずに歩いてゆく。
2014年10月07日
すべてをかけるってどんな気分だろう。 失う物が何もないなんて人はきっといない。 でも失うことを恐れずに前に進める人はいる。 自分が選んだ今日が正解であっても、間違いであっても 前だけを見続けなくてはと思う。 過去に学ぶことと、振り返って浸ることとは同じではないから。 すべてをかけて明日へ進もう。...


季節の窓。
2014年10月06日
季節の変わり目はいつも面白い。 もうすっかり秋だと思っていても、ふと夏日に戻ってみたり。 日中は30度を超える暑さだったのに、夜になると 鈴虫の声が響き渡っていたり。 なんとなく窓の外側に立ったり、内側に立ったりを 繰り返しているかのような感覚。 そして確実に、秋の終わりへと繋がって行く。...


僕になったケーキ。
2014年10月05日
とってもおいしいかぼちゃのケーキを食べた。 それは僕の一部になるために消えた。 あのケーキが僕になったのだと思うと、なんだかうれしい。 英語の言い回しに" You are what you eat."というのがある。 「あなたはあなたの食べるものでできている」 その通りだと思うから、好きなものとカラダに良いものを バランス良く食べて、自分を作らなきゃ。...


結論。
2014年10月04日
きれいに並べられたグラスや道具、 その棚、そして置き場所、 窓から差し込むシルエット。 きっとそこにはたくさんの結論が積み重なって ひとつの結論として存在しているのだと思う。 日々目に入るもの、聞こえるもの。 自分を取り巻く全てのこととの出会いが 結論を変えて行く。...


秋のカーペット。
2014年10月03日
秋のカーペットですやすやとお昼寝中。 どんな夢を見ているのかな。 おいしい夢だといいな。...


ネコとシャインマスカット。
2014年10月02日
ある日曜日の午後を、グデグデのんびりと過ごしているネコに会った。 何か食べるものをあげようと思ったのだけれど、 あいにく持っていたのはぶどうだけだった。 それも初めて食べて、あまりのおいしさに感動した シャインマスカットだ。 ひとふさ2,000円の高級マスカット。 食べてくれるかな〜〜? 結果は。。。 「なんじゃいこりゃ〜、こんなんいらにゃいにゃ〜!」 ...


才能。
2014年10月01日
才能やセンスが豊かな人がいる。 その能力が自分にとってうらやましく思えるものであるとき、 嫉妬してしまうことがある。 例えば、素敵な写真ばかりのブログに出会ったときや、 かっこいい音楽を奏でるミュージシャンに会ったとき。 ただ、指をくわえて彼らを眺めているだけでは、 僕はどこにもいけず、良くても現状維持、 下手すれば退化していくだけだ。 学べることは学び、自分の...