一語一絵

ミツメルヒカリ。
2014年10月20日
新しいヒカリの差す方向へ、一歩ずつ前進。...


待つこと。
2014年10月19日
この日出会ったねこさんはとても警戒心が強くて、 7、8メートルくらいまで近寄ると、さっと逃げてしまった。 だけどこの特定の場所はかなりお気に入りの様子で、 しばらくすると戻ってきて、またくつろぎ始める。 またそ〜っと近寄ると、ささ〜っと逃げられる。 そんなことを繰り返した後、僕はこのねこさんお気に入りスポットの側に座り、 息を殺してただカメラのファインダーを覗き続け...


曇り空の日には。
2014年10月18日
明日は写真を撮りに出かけよう。 そう思って天気予報を見てみると、曇りのマーク。 青空に浮かぶ白い雲をイメージしていたから、 ちょっぴりがっかりしつつも、 天気予報が外れるんじゃないかとかすかな希望を抱いて眠った。 朝、窓から差し込む光は少し暗くて、 天気予報通り空はどんよりとしていた。 まあ、しかたないか。 小さなため息をつきながら、ISO400のフィルムをカメラに...


1秒、1秒。
2014年10月17日
1秒1秒、秋は深まっていく。 1秒1秒、冬に近づいていく。 1秒1秒、夢が膨らんでいく。 1秒1秒、不安を取り除いていく。 1秒1秒、お別れは迫っている。 最後の日に笑って眠りにつけるよう 1秒1秒を生きていく。...


海辺ライド。
2014年10月16日
いつも長閑で、ココロやすまる場所。 今度はこのおじさんにならって、 僕も自転車で走ることにしよう。...


夏の妖精がいたならば。
2014年10月15日
ずいぶんと秋が深まって来たというのに、 今日は日差しがじりじりと暑くて、 夏の妖精がさようならをするのを嫌がっているみたいだ。...


共存。
2014年10月14日
木をじっと見つめていると、そこにはいくつもの共存が確認できる。 鳥や虫たちの休む場所になるのはもちろんだけれど、 植物同士でも絡み合って生きている。 この木はいったいいつ生まれたのだろう。 その答えは分からないけど、毎年毎年 いくつもの生命と寄り添って来たんだろうなあ。...


期待はずれ、期待あたり。
2014年10月13日
地元のとある場所。 ここでは時々飛行機の着陸を間近で見れる。 最終便近くの時間には東京や大阪からの便が集中するので、 それを楽しみにしていたのだけれど、 その日は海側から直接着陸するルートだったみたいで 期待はずれに終わった。 だけど、また行ってみようという気持ちになれたし、 きっと無駄ではなかったのです。...


台風の前の空。
2014年10月12日
台風19号が近づいてる。 まだその予兆は感じられないけど、 少し前に来た18号の前日の雲がちょっと変わっていた。 各地で大きな被害が出ませんようにと 祈りつつ、その日の写真を。...


ハッセルさん。
2014年10月11日
ハッセルさんを覗く時は、なにか特別な感情が生まれる。 それは言葉にはできないなにかなのに、 それが写真に写せているかというと、そうでもないことも。 まだまだ使いこなせていないということだなあ。 もっとハッセルさんとお出かけしよう。...