一語一絵

ありがとう。
2014年09月19日
いのちをいただきながら、ぼくらはいきています。 たとえば、このうしも、もうじきたべられるのです。 さくのなかのおいしいくさは、ほとんどすでにたべつくされていて、 さくのそとにはえていたくさをむしってあげると、 うしはさくからかおをだして、ぼくのてからうれしそうにくさをたべました。 おおきなめはとてもやさしくて、 おおきなからだはとてもつよそうで、 そしてとてもひとなつ...


Let the wind blow.
2014年09月18日
風の音に耳を傾けてみる。 風が小さな声が僕に語りかける。 「え、今何て言ったの?」 はっきりとは聞き取れなかった風の言葉を もう一度聞こうとしたけれど、 風はもう別の言葉を話し始めていた。 もしも僕が鳥のように、自由に空を飛べたなら、 さっきの風の言葉を追いかけることもできただろう。 だけど、地上で感じる風は、すぐに新しい風へと変わる。 僕は深呼吸をして、...


貴重な贈り物。
2014年09月17日
あまりに雄大で、はかない自然のキャンパスは その日、その場所に居た者だけへの贈り物。...


my way.
2014年09月16日
ときには明るく明確で、ときには高い壁に目隠しをされる。 マイウェイは日々、いろんな方向を向き、姿を変える。 大切なのは、まっすぐ突き進むにしても、進路変更するにしても、 しっかりとマイウェイを歩いていくこと。...


Beautiful Things
2014年09月15日
何万光年もの彼方に この想いを打ち放つ 何万光年かかっても この想いは届くはず 何万光年もの彼方に この想いを打ち放つ 何万光年が過ぎても この想いは消えないんだ...


スマイルカメラ。
2014年09月14日
僕はチェキというカメラが大好きだ。 その理由は、ゆる〜い感じの写真がすぐに浮き上がってきて、 その瞬間に自分が笑顔になっているのが分かる。 他にも、例えばだれかを撮影して、その場でプレゼントすると たいていその相手は笑顔になっている。 つまり、このカメラは笑顔を引き出すことが得意なんだと思う。 普段からバッグに忍ばせておいて、さっと取り出して 笑顔の種を写す。 ...


stars in the city
2014年09月13日
深夜の街に降りてきた星たちに、おやすみなさい。...


99.9% 。
2014年09月12日
100%確かな予想を立てることは無理だけれど、 感覚ではなく、しっかりと調査し、研究し、シュミレートすることで、 限りなく確立を高めることができると、 ある人が言っていた。 もしかしたら、その成功したときの気分は 飛行機が無事着陸したときのような感覚なのかな。 一般人にとってはできないことでも、パイロットには仕事。 失敗が許されないからこそ、最大限に確立を高める努力を...


みじん。
2014年09月11日
「ただいま」をした日から、ちょうど13年になる今日。 あの街に「さよなら」をした翌日に、悲劇が起きるなんて みじんにも思わなかった。 みじんにも思わなかったことが起こるって知ってから、 13年の間に何度か、みじんにも・・・は起こった。 予想していないこと、ハプニング。 想定していれば、きっと回避できることもあったのだろう。 もっと慎重に考えていれば、違った結果もあ...


碧の時間。
2014年09月10日
太陽が一日の終わりを告げる時間の「碧」が好き。 今日のことを思い出し、明日のことを思い浮かべるひととき。 深く、美しい碧のグラデーションに、いろんな人や出来事を描いてみる。 そうしながら、今日に「ありがとう」を伝える。 もうすぐやってくる明日が、にっこり笑いかけてくれる。  ...